国民生活センター主催、消費生活相談員研修 専門・事例講座に講師協力

国民生活センター主催では、消費生活相談員を対象に定研修会や講座が定期的に開催されています。

2021年6月8日(火)に開催される独立行政法人国民生活センター主催の「令和3年度 消費生活相談員研修 専門・事例講座インターネット取引に関する消費者トラブル~デジタル・プラットフォーム企業が介在する消費者取引における環境整備等を踏まえ~」において、日本アフィリエイト協議会(JAO)事務局長の笠井が講師を担当させて頂く事となりました。

講座では、消費生活相談業務に従事している消費者行政職員および消費生活相談員を主な対象に、SNSをはじめとしたインターネットにおける広告表示の仕組みや種類・特徴を整理し、問題のある広告について具体的な事例を交えて解説します。

日本アフィリエイト協議会としても消費生活の現場に寄せられる各種問題・相談の現状を把握し、アフィリエイトビジネスのさらなる発展と健全化のための取り組み強化へと反映させてまいります。
 

令和3年度 消費生活相談員研修 専門・事例講座インターネット取引に関する消費者トラブル
~デジタル・プラットフォーム企業が介在する消費者取引における環境整備等を踏まえ~ 

主催: 国民生活センター

日時: 2021年6月8日(火)13時00分~15時00分

場所: 国民生活センター相模原事務所研修施設(神奈川県相模原市中央区弥栄3丁目1番1号)

対象: 地方公共団体で消費生活相談業務に従事している消費者行政職員及び消費生活相談員。

講師: 日本アフィリエイト協議会(JAO) 代表理事 笠井北斗

講義名:『インターネット広告の現状と課題』

 

講師紹介

笠井北斗アフィリエイト講師紹介「笠井北斗」
 アフィリエイトが世に出始めた1999年より日本と米国でアフィリエイトビジネスに携わり続け、アフィリエイト歴20年以上となるアフィリエイトプログラムの専門家。
 アフィリエイターとしての活動に加え、広告主や代理店、ASPのアフィリエイト広告出稿支援も行う。日本アフィリエイト協議会(JAO)事務局長を務める。第6回WebグランプリWeb人部門特別賞を受賞。